父方の祖母の法事のついでに、母方と父方の両方の田舎にいってきました。

親戚が集まると、なんだか色々と共通点があって「血かな?」と思ったり

いろいろ楽しかったです。

大正時代に建てられた父の実家に謎の仕掛けがあって

天気の良い日に、すりガラスに船の絵が浮かぶようになっていて

どういうしくみなのか従兄弟たちとずっと考えたのですが結局分からず。

それから、従姉妹が発見した古いアルバムの父がやたらさわやかでびっくりしました(笑)

私が物心ついたときは頭髪を気にするお年頃でしたが、

父にもこんな時代があったんですねぇ・・・。